BLOG

黒染めを明るく・・・

2019/01/20
ロゴ

まず、どんな黒染めを使ったのか?というのは非常に大事になってきます。

というのも、お家で自分で黒染めした。となると…

ブリーチ使って明るくしても100%綺麗に明るくするのは難しいのです。

「黒染めだし、セルフでやればいいか」と思う人が多いのですが、次に染めるときのことを考えるなら、美容室に行ってください。

脱★黒染め!黒くした髪を明るくするには!

「真っ黒にしたけどきれいに色はのるの?」

「黒染めをしたら明るくできないって聞いたけど…」

 

黒くしなければいけない期間が終わったら、好きな色に染めたい!

ということで、脱★黒染めの方法をご紹介します

 

ブリーチを使わずに明るくするなら、時間をかけて地道に明るくしていく。

明るいカラーをして、その場ではそんなに明るくならなくても、繰り返し明るくするカラーで染め続けることです。

少しずつですが、色落ち→明るくカラー→色落ち…を繰り返すと、どんどん明るくなっていきます。

なので、すこし時間がかかります。

ここで注意なのが、これをご自分で明るくするのを繰り返すと、根元が明るくて毛先が暗くなってしまう。という現象が起きやすいので

やっぱり美容室でのカラーをオススメします。

 

自分で黒染めして、ムラが気になる場合

ムラが気になる方は、ハイライトで明るくしましょう。ハイライトカラーについての詳しい記事はこちらからどうぞ。

黒染めがムラになってしまってる場合は、一色になったらそのムラが一気に出てきます。

なので、アルミホイルを使って線で明るく染める方法です。

染まる部分と染めない部分を作ってしまえばムラをぼかすことができ、気にせず明るくすることができます。

 

黒染めした時期が明確に分かれば良いのですが、私が黒染めしてない場合、

どんな黒染めをいつ染めたのか分からないので明るくする場合、明るくならないこともあるのです。

そんなとき、一番避けたい仕上がりは根元だけ明るくなってしまう事です。

なので、あらかじめ根元は染めずに自然あグラデーションになるように染めることが多いです。

綺麗に明るくならない可能性があるならデザインすれば良いのです♬。

セルフカラーと美容室でのカラーの違い

テクニックの違い

美容室でカラーをするときは、美容師の記述により髪の毛につける薬剤の量は均等です。それがムラのないヘアカラーということになります。

しかし、ご自分でカラーする時は泡カラーを使ったとしても均等に薬剤を浸透させることはなかなか難しいですよね。

もしできていなかった場合、仕上がりは黒くなって問題なくてもその濃い染料で染まってしまった部分は明るくなりにくくなります。

逆に、明るくなる部分もでてしまうのでムラになりやすくなるのです。

 

染料の違い

市販のカラーはだれでも簡単に染められるように作られています。

なので必要以上なダメージを髪に与えてしまうのです。それは濃く入りやすい理由とも言えます。

ダメージのある髪にブリーチをして明るくして、ムラになったからもう一回ブリーチして…、その上から可愛いカラーを染めるとなると

髪の毛の状態はまさに最悪です。

 

決して脅している訳ではないですよ〜〜〜??

でもそんな状態になってしまった髪の毛は色もちだって最悪です。

すぐに色が落ちてまたカラーしなくてはいけないのです。

 

黒染めじゃない黒染め?

よくお願いされるのは「黒染めじゃない黒染めしてください。 」というオーダー。

黒染めじゃない黒染めとは、黒髪に見えるカラーってことですね。

黒染めではないので、次にカラーをするときに色が入るだろうと思っている方が多いのですが、「黒染めじゃなかったのに色が入らない」という失敗をしてしまう方もいます…。

一般的に使われる通常の薬剤(アルカリカラー)での黒染め

「他のサロンで黒染めじゃない黒染めでカラーしたので明るくなるはず。」と言うことで、全然色が落ちてない真っ黒な状態でご来店いただくことがあります。

明るくなるようにカラーをしても、ブリーチなしでは前に黒っぽくした色素が邪魔してしまい明るくなりません。ほぼ絶対と言ってもいいくらい発色しないのです。

正直なことを言うと、黒染めってどのトーンから、何色が、とか定義がないのです。

なので、美容師さんによって黒染めの認識が違うことが多いんですね。

黒染めじゃない黒染めが、黒染めである場合があるということです。